アバイブーベ王立病院とは?その②【歴史】

いつもご覧頂きありがとうございます照れ

ようやくですがタイトルのアバイブーベについてのお話をさせて頂きたいと思います✨

 

以前の記事アバイブーベ王立病院とは?その①【催事のお知らせ】で少しだけ触れました【アバイブーベ王立病院】についてご紹介します音譜

 

 

チャオプラヤ・アバイブーベ

国立病院

医療施設ができる前のタイでは、体調がすぐれないと寺院へ行きマッサージや薬草(ハーブ)を使った治療を受けていました。

マッサージ技術とともに2500年の歴史を持つ薬草(ハーブ)は、食・薬・化粧品として使われてきたのです。

 

この伝統的医療は王室の宮廷医によって受け継がれてきました。

王室宮廷医の中には「宮廷マッサージ師」の家系もあり、この日本で私たちバーン・ハナが王宮式の伝統医学を受け継ぐに至ります。

詳しい経緯はこちらも是非ご覧下さい音譜

タイ王宮式セラピーとは?その③【バーン・ハナ1号店】

 

そして現代、タイの「伝統的な医療」と「西洋医療」が統合した最先端の統合医療研究、教育・開発の拠点となっているのが

チャオプラヤ・アバイブーベ国立病院です。

 

 

名前の由来は創立者の国王家「チャオプラヤ・アバイブーベ」から付けられ、110年前にチャオプラヤ・アバイブーベは「民の健康を願い」自邸を開放し病院を設立しました。

 

 

そこから国策として伝統医療としてのマッサージとともに薬草(ハーブ)の研究が始まり、「ハーブの王国タイ」と呼ばれるほどの優れたエビデンスを積み重ねてきました。

現在の「国立病院アバイブーベ」へと受け継がれ、治療だけでなくタイ伝統医療を研究する機関としても世界から注目されています。

 

また間を空けながらになりますが、アバイブーベ病院やハーブについて細かくお話していきたいと思います爆  笑

 

明日の講座も定員が残り僅かとなりましたので、ご予約はお早めにチュー

 

本日もあなた様の健康と幸せをお祈りいたします。

野崎夏樹

フォローしてね

 

HanaGroup

ハナグループ公式HP

 

楽天市場

BaanHana ProShop

新商品も追加中です🆕

 

BaanHana公式Youtubeも更新していますので是非ご覧下さい♪( ´▽`)

YouTube公式チャンネル


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。