王宮式マッサージとは?

タイ王宮式マッサージイラスト

「タイ式マッサージ」といえば、セラピストの膝関節や足を使った激しいストレッチなど、アクロバティックなものをイメージされる方が多いかと思います。

ですが、「タイ式」は「王宮マッサージ」と「庶民マッサージ」の2種類に分かれており、前者ではすべての施術を指圧のみで、ていねいに行います。

もともとはタイの王族など、高い地位の人たちに行われていたロイヤルマッサージなので、形式や作法が重要視され、無理な体勢で行う施術や痛い施術などは一切ありません。

バーンハナでは、身体の痛みを‟技術的に取り除く”だけではなく、“思いやり、癒す”ことを大切に考えており、この「王宮マッサージ」をメニューとして採用しています。

王宮式の技法は、“門外不出の技術”として、長年、タイ王室で保護されてきました。そのため、日本では未だ、ほんの一部のサロンでしか受けることができません。

自然治癒力を高める、伝統的な施術

女性オイルマッサージ

約2500年もの古い歴史を持つタイ式マッサージ。

もともとタイでは医療行為の一環としてマッサージが行われていました。バーンハナでご提供しているメニューも、タイ伝統医学の医師と共同開発したものです。

タイ伝統医学では、人間の体内には72000本の目に見えないエネルギーラインが流れていると考えられています。タイ式マッサージは、そのうちの主要な10本のエネルギーライン「セン」を意識して行われます。

現在の身体の状態に合わせて、指先でセンを緩やかに刺激していくことで、筋肉の緊張がほぐれ、痛みの症状が効果的に改善されていきます。回数を重ねるごとに自律神経のバランスが整い、自然治癒力も高まるので、長く悩まされていた慢性的なコリや痛みの症状が出にくい身体へと変化していきます。

それぞれのセンは異なる効果を持っているので、施術では、お客様のその日の状態にあわせて最適なメニューを組み立てます。

オイルフットマッサージ

アバイブーベジャパンロゴ

アバイブーベ
お出ししているハーブティについて

ハーブティ写真

施術後にお出ししているハーブティは、世界的にも有名なタイ国立の医療機関、「チャオプラヤ・アバイブーベ王立病院」が無化学肥料・無農薬のオーガニック農場で、有機農法により栽培される高品質ハーブティーです。アバイブーベ国立病院は、最新医療に伝統医学をかけ合わせ、その成果が注目されています。

バーン・ハナでは伝統医学を大事にし、18年培ってきたタイ王宮式セラピーの活動が認められ、日本で初めて「アバイブーベジャパン」の代理店として認められました。

タイ王宮式セラピーだけでなく、さらにタイの伝統医療をかけ合わせ、これからもバーン・ハナは進化していきます。

アバイブーベに関してはまだまだ語り尽くせませんが、ぜひスタッフにお声掛けいただければご説明させていただきます。

また、ご興味をお持ちの方は「バーン・ハナ ショップ」(←こちらをクリック)にて取り扱いしておりますので御覧ください。