バーン・ハナな人々access



ハナグループで働く社員の声をご紹介します。

セーラオ


セラピスト歴10年
所属店舗 あべのand店

「この仕事を選んだきっかけ、理由をお聞かせください」


私はチェンマイ発祥のタイ療法を勉強しました。 そのきっかけは知人の祖母がタイマッサ−ジで凄く体調がよくなったからです。

タイのマッサ−ジをしたことのない方々は「痛いですか?」の質問をよくされます。 本物のタイマッサ−ジは痛くありません。

5年前に私は原因不明の頭痛と腕のしびれに悩まされました。

病院に行ったり、針治療をしましたが全く効果がなく、どうしようか悩んでいた時、自分で身に付けたタイマッサ−ジをもっと深く知ろうと、沢山勉強し、実践し、ハ−ブボ−ルとタイ療法で治すことが出来ました。それはすごく嬉しいことでした。

それから沢山の方にタイ療法の良さを伝えたいと思いました。タイ療法はタイの伝統医学の一部です。リフレッシュしたり痛みから身体を回復させたりする力が有ります。 疲れた方々やリフレッシュしたい方々に是非体験してほしいです。

バ−ン・ハナはタイ療法であるタイ王宮式(ラッチャサムラック)を主としています。 手当で人を幸せにできる。沢山の方々に言語を超えた癒しを伝えていきたいです。

将来はタイ療法に興味のある方に教えていきたいです。 そしてタイ療法を通して社会に貢献していきたいです。

西川りか


セラピスト歴2年
所属店舗 あべのand店
役職 店長

「この仕事を選んだきっかけ、理由をお聞かせください」

はじめは身近な人を癒せたらとの思いで始めましたが、勉強していくうちにドンドン興味が湧いてきました。 研修の時、全身に血が通って感覚が無くなっていくような施術を受けたときすごく感動して、同じようにセラピストのしごとを極めて感動と癒しを体験してもらいたいと思いました。自分のセンスと経験が直接返ってくるのでそこにも遣り甲斐を感じてます。

「この仕事をして辛かったこと」

まだまだ理想の癒しと現実の差があるので辛いといえば辛いですが、悩むことは成長の証だと思っているので頑張れます!

「この仕事をして嬉しかったこと」

お客様に喜んでもらって、結果指名をしてもらえることが凄く嬉しいです!


「セラピストとして最も大切なこと」

自分自身の心と身体の健康と調和を保つことで自然と笑顔がでて心にもゆとりが出てくるので、よく寝て感謝して食事をすることだと思ってます。後、周りの方々にも思いやりを持って接することで自分の心も癒されます。

「理想のセラピスト像とは?」

疲れた時やさみしい時に思い出してもらえる存在であることです。

「将来の目標」

先と重複しますが、思い出してもらえるセラピストです。 それが私の理想、一流のセラピストだと思います。 先ずは一流のセラピストになるのが目標です!

野崎夏樹


指導責任者歴15年

「入社の理由を教えてください。」

私は2年前にハナグル−プのブランドの一つにあった「ストレッチプロ」のアルバイトスタッフとして入店しました。、店長という役職を任せて頂き、店舗運営や人員の教育を中心にお仕事をさせて頂きました。その折に当社代表から社員として、指導員として技術を生かして人を育てていかないかとお話を頂いたことがきっかけです。

「この仕事をして辛かったこと」

1年間で40人セラピストとして配属までさせていますが、少数ですので怪我をしてしまったり身体を悪くしてしまったり様々な理由で退職してしまうことです。

「この仕事をして嬉しかったこと」

ハナグル−プの新人さんたちは未経験が多く入ってきます。最初は不安なことが多く、インタ−ンでお客様に入るときは緊張していますが、徐々に自信をつけて楽しそうに施術できるようになっていきます。セラピストという仕事を楽しんでくれている姿を見られることが一番の喜びです。


「指導員として心がけてること」

初心者の方が入店することが多いのもハナグル−プの特徴の一つでもあります。それぞれの習熟度を把握し、研修生に合った教え方を的確に行うことを中心に考えています。

「指導員として最も大切なこと」

同じ人同士のコミュニケーションを最も大切にしています。 指導者側ではありますが、お客様と同じように「幸せと健康を祈る」気持ちを持って接することだと思っています。

「現場で働くセラピストに一言」

人の身体に触れる以上、常に学ぶことが必要不可欠です。私自身もまだまだ勉強の最中ですが、少しでも知識や技術を渡せるよう励んでいます。いつでも高槻本店の研修センタ−でお待ちしています。

「将来の目標」

バ−ン・ハナの「タイ王宮式セラピ−」は唯一無二のものです。お客様にもセラピストにも幸せでいられるサロンになることで先ずは関西bPサロンへ、そして日本一のサロンへと成長するために人を育てていきます。

坂井帆波


セラピスト歴6年

「入社の理由を教えてください。」

人を綺麗にすること、癒すことが好きだから。

「この仕事をして辛かったこと」

研修の時、なかなか覚えられなかったことです。

「この仕事をして嬉しかったこと」

初めてお客様に入ったとき、気持ち良かったと言ってもらったとき。


「プロのセラピストとして心がけてること」

お客様に不満を持たれないように全力を尽くすこと。

「セラピストとして最も大切なこと」

感謝の気持ちを大切に忘れないようにしています。

「理想のセラピスト、理想像は?」

お客様に信頼される、しっかりとしたセラピスト。

「将来の目標」

もうちょっとしっかりして、自分の店を持ちたいです。

渡辺まゆみ 


セラピスト歴5年

「入社の理由を教えてください。」

妹が働いていて天職だと言って楽しそうに働いてる姿をみて。

「この仕事をして辛かったこと」

お客様に満足してもらえなかったこと。

「この仕事をして嬉しかったこと」

お客様に満足してもらいリピ−トしてもらった時。。


「プロのセラピストとして心がけてること」

体調管理

「セラピストとして最も大切なこと」

楽しく仕事をする。感謝の心、思いやり、笑顔、ユビックスの5か条。

「理想のセラピスト、理想像は?」

マザ−テレサ、美紀マネージャー

「将来の目標」

バ−ン・ハナが今よりもっと多くのお客様に愛されるお店へと貢献できる人になること。

上阪美舟 


セラピスト歴14年

「入社の理由を教えてください。」

子育てを通じて触れ合う事の大切さを実感し私でも人を癒せるのではと思い、勉強を始めました。

「この仕事をして辛かったこと」

デビューしたての頃お客様に「何か違うから変わってくれる」と言われた時です。悔しさをバネに毎日猛特訓でした。

「この仕事をして嬉しかったこと」

お客様に再来店していただき前回とても身体が楽だったと言ってもらった時。


「プロのセラピストとして心がけてること」

食事や睡眠時間、休養などによる体調管理に加え、心の安定に気を付けています。

「セラピストとして最も大切なこと」

笑顔です。

「理想のセラピスト、理想像は?」

今までお世話になった先輩や後輩それぞれに素晴らしい魅力をお持ちですので、できる限り見習いたいと思います。

「将来の目標」

母の手の温もりの様に安心感のある手になれたらいいなと思います。